胡蝶蘭栽培

高付加価値の農産物を育て
販売するフラワービジネスの取り組み

胡蝶蘭栽培について

胡蝶蘭は、東南アジア原産の植物です。
絶滅危惧種に指定されており、ワシントン条約により原種を輸出・輸入することはできません。
日本の胡蝶蘭の84%は台湾産であり、
人工栽培の認定書が台湾政府から交付されるため輸入・栽培が可能なのです。
台湾から高品質の苗を輸入・栽培することで、付加価値 の高い「胡蝶蘭」の栽培と販売が可能になります。
日本仕様にローカライズしたIOT 機器を駆使することで、高品質な胡蝶蘭栽培が実現できます。

 

胡蝶蘭ガラスハウス

労働環境も夏は涼しく、冬は暖かいので安心して働くことができます。
また、重量物がない軽作業が中心となりますので、高齢者や障がい者の方の諸事情に合わせて就労ができます。
もちろん、独立体制も構築していますので、若年層の方々の就労も推奨しています。

胡蝶蘭販売の成長実現ポイント

胡蝶蘭の毀損品は、生産量の5%〜8%もあります。そこで、毀損品を加工し、「粉末・アロマオイル」を製造し、商品化します。
胡蝶蘭の持つ「高級感」を特徴とした商品となります。

障がいのある方々の雇用も全従業員の2.3%まで義務化されています。
障がい者の自立支援活動に貢献しています。
また、助成金を得ながら社会貢献ができ尚且つ貴重な労働力を得ることができます。

販売については、既存の取引先を中心に取引し、また、花きレンタル会社を積極的に参画します。

胡蝶蘭栽培について

IOTを駆使して、Co2濃度や湿度、気温などを複数のセンサーでデータを収集し、自動でそれらを供給しますIOTを駆使して、Co2濃度や湿度、気温などを複数のセンサーでデータを収集し供給します。

胡蝶蘭に使用されている「バーク」を利用して、
木質バイオマス暖房機を稼働させます。
これにより「化石燃料」の使用が軽減され、 Co2の供給も同時にできるようになっています。

地下水を「ドライミスト化」することで、最大8度の温度を下げることが可能であり、余分な電気代を必要としません。

胡蝶蘭の花びらを乾燥させて、粉末化して商品化します。
既存の技術では、凍結乾燥機を使用するしかありませんでしたが、常温乾燥技術により、少ない経費で粉末化することが可能になりました。

胡蝶蘭の花びらを蒸留・還元することで、アロマオイルを抽出することができます。
アロマテラピーだけではなく、カプセル錠に封入することで、健康食品としても利用可能です。

既に販売し、枯れてしまった胡蝶蘭を回収します。再生し、花を咲かせ東南アジアに輸出することが可能です。